So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

センナの副作用に注意

センナには強力な下剤作用がありますが、これは副作用の危険もあるということを示しています。とくに習慣的に使用してしまうと段々効果が薄れてきて、便が出ないだけでなく、腸の動きまで弱めてしまうこともあります。そうなると便秘がちの体質をより強めてしまうことにもなりかねません。

薬の刺激によって排便をうながすという方法は、自発的なぜん動運動が起きにくくなってしまうのです。

副作用として心配されるものとして、下痢、腹痛、脱水症状、悪心、長期に渡り飲み続けると依存症になりやすいことと過敏性大腸炎のリスクを上昇させることが指摘されています。

また妊婦の場合はとくに要注意です。センナによって子宮が収縮しやすくなることがあります。切迫早産、切迫流産の危険性もあるので、医者から処方される場合を除いて、自分の判断でセンナを使用することは絶対にやめましょう。

妊婦の場合、便秘になりやすくなることがあります。その場合は乳酸菌などの善玉腸内細菌を含む食品がおすすめです。副作用の心配がないのと体質を改善する効果があります。

乳酸菌には便秘を改善する効果があります。便秘薬のような副作用もなく安心です。

おすすめの乳酸菌サプリ ⇒ 乳酸菌革命とは

タグ:副作用 センナ
共通テーマ:健康 | 編集

センナに含まれる成分は安全なのか?

センナはバラ目マメ科センナ属です。センナの果実・小葉・葉柄・葉軸は医薬品として取り扱われていて、健康食品などに使用することはできません。健康茶としてセンナ茶がありますが、これはセンナの果実や葉ではなく茎を利用しているため、健康食品としても問題はないとされています。効果として下剤効果があるため、便秘薬として使われることが多いです。

センナに含まれる成分とはどのようなものがあるのでしょうか。便秘に効果があるのはどの部分なのでしょうか。

センナにはセンノシドという成分が含まれています。これが腸内の働きを活発にします。腸内細菌により腸を刺激する物質に変化して排便を促す作用があります。便秘に強い効果がある反面、長期間にわたって服用すると体のミネラルバランスが崩れるなどの危険性もあり、長期間の使用は止めたほうがいいとされています。

健康茶としてもしられるセンナ茶ですが、副作用の心配はないのでしょうか。果実であれ茎であれセンノシドという成分が、腸を刺激して無理な運動をさせているため、自然な腸の蠕動運動ができなくなることがあります。

あまり長期間にわたって使用していると、便秘をさらに悪化させてしまい、自力で排便をすることができなくなるケースもあります。短期間であればセンナ茶は効果的かもしれませんが、使い続けると自然なお通じができなくなることがあるので、常用はすべきではなさそうです。

乳酸菌には便秘を改善する効果があります。便秘薬のような副作用もなく安心です。

おすすめの乳酸菌サプリ ⇒ 乳酸菌革命とは

共通テーマ:日記・雑感 | 編集
Copyright © 便秘にセンナは安全なのか? All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます